AVプロダクションとは

男性であれば誰でもアダルトビデオといものを見たことがあるはずです。
今さらアダルトビデオの説明はいらないと思いますが、最近ではアダルトビデオに出演する女性のレベルもかなり高くなってきています。一昔前であれば、アダルトビデオに出演する女性というのは得体の知れない女性という印象でしたが、今はアダルトビデオに出演する女性のほとんどは一般の芸能人と一緒で、AVプロダクションにきちんと所属をしているのです。

とはいえ、AVプロダクションは外部から見ると謎に包まれている部分が多いと感じる業界ですので、色々と不安に思う女性も少なくないと思われます。
そもそも、プロダクションって実際どんなものなのかイメージが掴めないはずです。
AVプロダクションとその周辺の関係を説明してみますと、まず「AVメーカー」というものが存在してきます。「AVメーカー」の仕事は、完成したAV作品をプロディースすることです。
製作会社から納品されたAV作品をレンタルビデオ屋、ネットの動画配信など色々所に作品を流通させるお仕事なのです魅力的なパッケージデザインやキャッチコピーなどと一緒にユーザーに作品を届けるのです。
AV作品がレンタルされたり、動画視聴されたりすると、それが売上になります。売上の管理、それから製作会社とプロダクションへお金を支払うのもメーカーのお仕事なのです。

次に、「AV制作会社」というものがあります。AV作品を実際に撮影して、撮影した映像を編集するのがAV制作会社の仕事です。
撮影現場を確保して、カメラマン、メイク、女優、男優、エキストラ、それから撮影に使用する小道具などの用意を全て段取りします。
そして、最後に「AVプロダクション」になります。一言でいいますと、女優の管理を行うのがAVプロダクションのお仕事です。
AV作品に出演するモデルや女優を街でスカウトしたり、ネットに求人を出したりして募集します。
AVモデル・女優になりたいという女性に対して、業界のことやお仕事のことなどを説明して、有名になるため、稼ぐためのサポートをしてくれるのです。

では、仕事はどんな流れで決まるのでしょうか。
誤解されがちなのですが、プロダクションに所属したからといってすぐにお仕事できる訳ではありません。いくつものAVメーカーに挨拶周りをして、お仕事できるかどうかが決まっていくのです。
プロダクションに所属すると宣伝用の写真撮影をし、その写真だけを持ってプロダクションの営業マンがAVメーカーに営業する場合もあれば、女性も一緒に行って挨拶をする場合もあるのです。
今では本当にAV作品のレベルも上がっていますので、そう誰でもAV作品に出れるとは限らないのが今の現状なのです。