マネージャーの仕事

AV作品に出る女性というのは、一般的にAVメーカーの人との挨拶のような面接を行い、そこで売れると判断されれば晴れてお仕事の始まりということになります。

AVプロダクションのスタッフが斡旋をしてお仕事を開始するという流れになるのですが、プロダクションというからには実際にオフィスがあるのかも気になるところだと思われます。
一般的なAVプロダクションというのは、普通の会社であることがほとんどなのです。薄暗いマンションの一室などで運営しているイメージを持たれることが多いと思いますが、実際はそういった形で運営はしていません。事業を展開している業界がアダルトなだけで、その他の部分は一般の会社と何ら変わりはないのです。
オフィスもきちんとしたビルに入居されていたり、思っている以上に綺麗な会社が多いのも特徴なのです。
これは風俗業界にもいえることですが、業界に対してネガティブイメージを持つ人が多いからこそ、逆にしっかりと真面目に運営する会社やお店が増えてきています。オフィスの場所や内装、それから働く人たちにもそれが現れているような気もします。

では次に、AVプロダクションで働いている人たちというのはどういった人が働いているのでしょうか。
一言でいいますと、一般の会社に勤められている人ばかりです。特に、マネージャー職や営業職の人達はきちんとスーツを着て仕事をされています。
強面の人が会社を出入りしているイメージもありますが、それは本当に遠い遥かも昔の話なのです。
それにしても噂話やイメージというのは凄いもので、数十年前のイメージを未だに持っている人達がネットで妄想記事をたくさんアップしているので、こういったイメージが生まれるのではないかと思われます。とはいえ、強面に見えるだけの一般サラリーマンはどこの会社に1人はいますが、決してコワイ系の人達はおりませんので安心していいところでもあるのです。

ところでマネージャーの役割なのですが、一般の芸能人のマネージャーをイメージしてもらえらば早いと感じます。所属する女性の仕事をオファーしたり、体調管理やプライベートの悩みなどをケアするのがマネージャーの仕事になります。
後、AVメーカーやグラビアなど様々なアダルトのお仕事を取ってくるお仕事でもあり、プロダクションによってはマネージャーと営業を1人が兼任されている場合もあるのです。

実際には営業の手腕というのあんまり関係なく、メーカー挨拶回りの時に女性自身を見て仕事を振るか振らないかを決めることがほとんどのメーカーもありますし、過去のお付き合いの実績などを考慮して多少合格ラインが低かったとしても仕事を振る場合もあったりするのが現状なのです。